資格の勉強法<通信教育について>

このサイトでは、おすすめの通信教育をいくつも紹介してきたので、
どんな通信教育があるのかイメージできたと思います。

しかし、何処を選べば良いのか迷っている方も少なくないはずです。
基本的に今回紹介した通信なら全ておすすめできますが、
それでもできるだけ良い通信教育を受講したいと言う方に
選ぶポイントを紹介していきます。

ここと先ほど紹介した通信教育一覧を参考に通信教育を選んで見て下さい。

ポイントその1
出来るだけ通信教育専門校を選ぶ
通信教育専門校が良い理由に、通信で勉強しやすいような教材作り、
カリキュラムが組まれていることです。
勘違いしている人も多いのですが、通信も通学も同じ学習法で良いと思っています。

しかし、通信は強制的に学習環境を作ることが出来ないので、
出来るだけ挫折しない工夫が必要です。
例えば、学習量は出来るだけ少なく、講義の映像は迫力と臨場感があるなど
通学の勉強との違いがあります。

しかし、学校の通信は、通学の学習法を通信に応用しているだけなので、
通信向きに作られていないのです。
しかも教室を持っているため、受講料も高くなります。

ポイントその2
DVD講義とCD講義をセット使える
通信を受講される方は、忙しい方が多いので、自宅以外でも勉強いたします。
講義で重要なのは、映像で視覚や聴覚を使いながら見ることで、
記憶効果や学習効果が高まっていきます。
しかし、DVDだと自宅でしか使えないので、音声だけのCDも必要になります。
ですから、DVDとCDの講義を組み合わせる事が効果的な学習をしていけるポイントなのです。

ポイントその3
講義の映像は通信教育専用にハイビジョン撮影
映像で講義を見る場合、臨場感と迫力がなければすぐに飽きて、挫折してしまいます。
そのためには、通信教育専用にハイビジョン撮影しなければいけないのです。

しかし、多くの学校は、教室講義をそのまま撮影していたり、
カメラ据え置きの撮影をしていたりしています。
ですから、学習効果が上がらないのです。

ポイントその4
テキストは図表化と2色刷りから
通信は勉強時間が少ない方が多いので、短時間で理解でき、
記憶に残りやすい物が必要です。
そのためには、図表化されたテキストで、しかも2色刷りにする必要があります。
(出来ればフルカラー)
これが白黒で文章中心のテキストなら、時間もかかり、記憶にも残りにくくなります。