人気の国家資格の難易度を紹介します

国家資格には様々な種類があり、難易度もピンキリです。
中には非常に簡単な国家資格もあります。

ただ、理解してほしいのは、いくら国家資格だからといっても、
難易度の低い簡単に合格できる資格なら、使い道はないと言うことです。

例えばITパスポートという国家資格があります。
ITパスポートは、ITの基礎知識を見つけるための資格で、
それほど難易度が高いわけではありません。
ただ、その分就職や転職、独立に活用することが出来ず、資格の使い道がないのです。

ですから、難易度の低い資格というのは、その分見返りも少なくなります。

それでもどのくらい難易度の高い国家資格が良いのかと言う事ですが、
ある程度の難易度があれば、それほど違いはありません。

具体的な目安を言うなら、試験の合格率が20%以下の資格です。
そのくらいの合格率の資格なら、
ある程度の学習量が必要で、挫折する方も多くなります。

その分資格の希少価値が上がり、仕事への活用度が高くなります。

もちろん、全ての資格がそうとは言いません。
中には、上記の条件に当てはまらなくても魅力的な資格はありますし、
条件に当てはまってもニーズがあまりない資格もあります。

ただ、それを見分けるには、その業界の知識や多くの資格の特徴を理解してなければいけません。 もちろん、全ての資格を紹介できるわけではありませんが、
その分各資格の難易度を突き詰めて紹介していきます。

また、どのように学習すれば合格できるか、資格の勉強法も紹介しますので、
非常に参考になると思います。

それでは次のページから各国家資格の難易度を紹介していきます。
是非、参考にして下さい。

NEXT⇒行政書士